コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郭再祐 かくさいゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郭再祐
かくさいゆう
(1552―1617)

李氏(りし)朝鮮、壬辰倭乱(じんしんわらん)(豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮侵略)の際の抗日義兵将。号は忘憂。両班(ヤンバン)の三男として慶尚道で生まれ、比較的恵まれた生活を送っていたが、秀吉の侵略を受けると、郷土防衛のため、私財を投じて募兵し、決起した。最初の義兵であり、彼の挙兵は朝鮮の各地に大きな影響を与えた。彼は天降紅衣将軍と称し、地方の両班、農民らを率い、ゲリラ戦を展開して日本軍を破り、郷土を守った。その功により1592年正三品(しょうさんぴん)を授けられた。95年の一時的講和後はいっさいの官職を辞退して故郷へ帰り、政争のため一時は無実の罪で捕らえられたが、日本の再侵略後は慶尚道防禦使(ぼうぎょし)に任ぜられ、日本軍と戦った。99年慶尚左道兵馬節度使に任ぜられ、戦後の復興と国防の強化にあたったが、民衆生活の安定を重視する彼の提案は受け入れられず、ついに官職を辞退して地方に隠棲(いんせい)し、66歳で波瀾(はらん)に満ちた生涯を閉じた。[矢澤康祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郭再祐の言及

【文禄・慶長の役】より

…以後,日本軍は海上補給路をおびやかされるようになる。他方,陸上でも,92年6月ころから,反撃に転じた朝鮮軍の活動や,郷土防衛に決起した各地の抗日義兵(郭再祐軍など)のゲリラ活動によって,のびきった日本軍の補給線が切断されはじめた。そのため,日本軍は占領地における物資・人員の苛酷な調達を強行し,朝鮮民衆との対立を深めた。…

※「郭再祐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郭再祐の関連キーワード文禄・慶長の役両班官職

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android