郭松齢(読み)カクショウレイ

世界大百科事典 第2版の解説

かくしょうれい【郭松齢 Guō Sōng líng】

1884‐1925
中国の軍人。字は茂辰。遼寧省瀋陽の人。北京陸軍大学を出て張作霖の配下にはいり,軍官派をひきいて楊宇霆らの日本留学派に対抗した。1925年11月,馮玉祥とむすんだ郭松齢は,東北軍総司令を名のって反張作霖の兵を挙げ,優勢のうちに奉天(瀋陽)に迫ったが,日本が張作霖に肩入れしたために敗れ,夫人もろとも処刑された。いわゆる郭松齢事件の主役である。【狭間 直樹

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かくしょうれい【郭松齢】

1884~1925) 中華民国の軍人。瀋陽県の人。張作霖ちようさくりんに従い奉天軍内で軍官派を結成。のち張作霖に叛したが敗北、殺された。クオ=ソンリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郭松齢
かくしょうれい / クオスンリン
(1884―1925)

中華民国の軍人。字(あざな)は茂辰。奉天省(現遼寧(りょうねい/リヤオニン)省)瀋陽(しんよう/シェンヤン)県の人。北京(ペキン)陸軍大学卒業。1916年奉天軍閥張作霖(ちょうさくりん/チャンツオリン)の部下となった。1925年張学良指揮の第三方面軍副軍長として天津(てんしん/ティエンチン)に出動。国民革命の影響を受け、11月馮玉祥(ふうぎょくしょう/フォンユイシヤン)と協定して張作霖に対する反乱を起こし、奉天に向けて進撃した。しかし、郭軍が勝利することを満蒙(まんもう)権益への脅威とみなした日本の干渉により敗北し、12月25日逮捕、銃殺された。[石島紀之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android