コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷司正勝 ごうし まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郷司正勝 ごうし-まさかつ

1635-1708 江戸時代前期の砲術家。
寛永12年生まれ。備前(岡山県)邑久(おく)郡の人。東軍流剣術をまなぶ。砲術もおさめて,岡山藩につかえる。五貫玉砲をつくって試射し,火薬量などの研究をかさねる。藩に十貫玉の巨砲の製作を提唱し,完成させたという。宝永5年3月死去。74歳。通称は七右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

郷司正勝の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)ルニャールダオメー王国ダオメー王国マゼーパフリードリヒ2世ハミルトン(侯・公家)ピールケンペル和事

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android