コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邑久 おく

3件 の用語解説(邑久の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邑久
おく

岡山県南東部,瀬戸内市中部の旧町域。岡山平野の東部から瀬戸内海岸にかけて広がる。 1952年邑久村,福田村,今城 (いまぎ) 村,本庄村,豊原村,笠加 (かさか) 村の6村が合体して町制。 1954年玉津村,1958年裳掛 (もかけ) 村を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おく【邑久】

岡山県南東部、瀬戸内市の地名。古く韓泊からどまりと言われた朝鮮使節寄港地。カキを養殖。竹久夢二の生地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邑久
おく

岡山県南東部、邑久郡にあった旧町名(邑久町(ちょう))。現在は瀬戸内(せとうち)市の一地区。1952年(昭和27)邑久、福田、今城(いまぎ)、豊原(とよはら)、本庄(ほんじょう)、笠加(かさか)の6村が合併して町制施行。1954年玉津村、1958年裳掛(もかけ)村を編入。2004年(平成16)牛窓(うしまど)町、長船(おさふね)町と合併、市制施行して瀬戸内市となる。名称は、古来の邑久(おほく)郡の中心にあることによる。旧町域は、岡山平野の東部、千町(せんちょう)平野の大部分と、牛窓の北側から瀬戸内海の長島に至る丘陵地を占める。JR赤穂(あこう)線が西部を通り、岡山ブルーライン(県道寒河本庄岡山線)が東西に横断し、虫明(むしあげ)、邑久などのインターチェンジがある。千町平野は条里地帯で坪名が残存している。邑久から牛窓、長船、備前(びぜん)市にかけて、古墳時代後半から平安時代末期に至る須恵器(すえき)の窯(かま)跡群があり、邑久窯跡群と称される。門田貝塚は弥生(やよい)時代の貝塚を伴う集落遺跡で国指定史跡。町の中心集落尾張(おわり)は『和名抄(わみょうしょう)』に尾張郷としてみえ、中世には尾張保(おわりのほ)となった。現在は小市街地を形成し、邑久郷土資料館がある。千町平野は穀倉地帯であるが、東部の丘陵地は溜池灌漑(ためいけかんがい)地帯。尻海(しりみ)は海運業で栄えたが干拓化され、虫明は岡山藩家老伊木家の陣屋町で虫明焼の伝統がある。餘慶(よけい)寺の本堂、木造薬師如来(やくしにょらい)坐像、木造聖観音(しょうかんのん)立像、豊原北島神社の色々威甲冑(いろいろおどしかっちゅう)は国指定重要文化財。本庄地区には竹久夢二(たけひさゆめじ)の生家があり、夢二郷土美術館分館(アトリエを復原した少年山荘も併設)となっている。長島とは1988年(昭和63)に架橋された邑久長島大橋で結ばれ、同島には国立ハンセン病療養所(長島愛生(あいせい)園、邑久光明(こうみょう)園)、看護学校がある。[由比浜省吾]
『『邑久町史』(1972・邑久町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

邑久の関連キーワード岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍岡山県瀬戸内市邑久町尾張岡山県瀬戸内市邑久町尻海岡山県瀬戸内市邑久町宗三岡山県瀬戸内市邑久町本庄岡山県瀬戸内市邑久町豆田岡山県瀬戸内市邑久町箕輪岡山県瀬戸内市邑久町虫明岡山県瀬戸内市邑久町百田岡山県瀬戸内市邑久町山手

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

邑久の関連情報