コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷挙里選の法 きょうきょりせんのほう

1件 の用語解説(郷挙里選の法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうきょりせんのほう【郷挙里選の法】

中国,漢代の官吏登用制度をいう。郷里における人物評価にもとづいて中央政府に官僚候補者として推薦するものである。郡国の守相が郷里における孝悌廉潔の徳行にすぐれた人物を推挙する孝廉科がその事例である。毎年人口20万につき1人の割合とされた。前漢における孝廉科の選挙はきわめてまれであり,後漢に至り儒教の浸透とともに孝廉による登用が盛んに行われた。孝廉に推挙されると,まず郎中(年収は比300石)に任命され,ついで県令・謁者・尚書侍郎(いずれも400石)などに転じ,さらに功労により高官へと昇進していく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の郷挙里選の法の言及

【選挙】より

…近代以前の中国で官人を登用する制度の総称。漢代に郷挙里選の法といって,地方官が在地の徳義にすぐれた者を選び朝廷に推薦する制度からこの名がおこった。貴族制の発達した六朝では,家格を按じて推挙をつかさどる中正の官(九品官人法)が大きな役割を果たしたが,隋・唐以後学科試験の科挙が中心となり,高官の子孫の門蔭出身を圧するに至った。…

※「郷挙里選の法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郷挙里選の法の関連キーワード九品中正法郷挙里選挙子貢挙策問明法科目試策身言書判

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone