コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝廉 こうれんXiao-lian; Hsiao-lien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝廉
こうれん
Xiao-lian; Hsiao-lien

中国,前武帝時代に定められた官吏登用科目。毎年郡国から孝であるもの (挙孝) ,であるもの (察廉) を推薦させるもので,宣帝のとき挙孝廉,察廉と改称された。後漢の和帝のとき郡国の人口 10万人以下は3年に1人,20万人以下は2年に1人,20万人は年1人,以上累増して 120万人では年に6人と孝廉の人数が制限され,さらに順帝時代に孝廉は 40歳以上とし (のちに廃止) ,また課試の制が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐れん〔カウ‐〕【孝廉】

[名・形動]
孝行で欲が少なく、正直なこと。また、そのさま。
「―を察すれば濁る泥の如く」〈東海散士佳人之奇遇

㋐中国代に、朝廷が各郡に推挙させた人物の徳目の一。また、その徴士の名称。
郷試合格者である、挙人の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうれん【孝廉】

孝行で正直なこと。
中国、漢代の官吏登用徳目の一。郡国の長官に孝行で清廉な人物を推薦させ官吏に採用した。また、その徴士ちようしの名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

孝廉の関連キーワードホリンゴール漢墓(和林格爾漢墓)武帝(中国、前漢)郷挙里選の法郷挙里選公孫瓚高鳳翰張仲景王孝廉佳人曹操孝行令長奚岡鍾繇応劭服虔

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android