都出比呂志(読み)つで ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都出比呂志 つで-ひろし

1942- 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和17年1月1日生まれ。阪大助教授をへて,昭和63年同大考古学講座の初代主任教授。弥生・古墳時代の考古資料の分析をもとに古代国家の形成過程を研究。平成元年「日本農耕社会の成立過程」で浜田青陵賞。25年「古代国家はいつ成立したか」で第1回古代歴史文化賞。大阪府出身。京大卒。著作はほかに「竪穴式石室の地域性の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都出比呂志の関連情報