コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都築弥厚 ツヅキヤコウ

2件 の用語解説(都築弥厚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つづき‐やこう【都築弥厚】

[1765~1833]江戸時代の豪農。三河の生まれ。矢作川から灌漑(かんがい)用水路(現明治用水)を引くため私財を投じて測量、幕府に願書を提出。工事が許可されるも実行前に破産・病没。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

都築弥厚

没年:天保4.9.10(1833.10.22)
生年:明和2(1765)
江戸後期の新田開発,用水開削計画者。三河国碧海郡和泉村(安城市)の都築也更の長男。世襲名は弥四郎で,弥厚はその2代目。近郷に名を轟かせた豪農で,酒造業を営み,銘酒玉泉は江戸へも送られた。文化10(1813)年,旗本松平作左衛門家の根崎陣屋の代官に任じられ,そのころから,碧海の洪積台地に用水を開削する計画を思い立ち,村人たちの反対にも屈せず,私財を投じ,夜陰に忍んで測量を完成し,文政10(1827)年3代弥四郎の名で幕府勘定奉行へ出願。天保4(1833)年,計画の一部である五ケ野原などで約200haの開拓許可を得たが,病を得て失意の内に没する。約50年後,この計画は明治用水として結実,農民からの発案によって行われた最大の土地改良事業となった。安積疏水(福島県),那須疏水(栃木県)とともに明治三大用水に数えられる。和楽と号し「木がらしもまつに移れば松の風」の句がある。

(林昌弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の都築弥厚の言及

【明治用水】より

…幹線水路は52km,支線延長は296kmに達する。1827年(文政10)碧海郡和泉村(現,安城市)の酒造家都築弥厚(つづきやこう)が用水計画を江戸幕府へ出願したのが始まりで,民間資本をもとに1879年に工事が開始され,翌80年に完成した。安城市を中心とする碧海台地はこれにより水田化が進められた。…

※「都築弥厚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都築弥厚の関連キーワード見立新田村請新田市川五郎兵衛岡本兵松久野庄太郎坂本市之丞椎名道三柴山伊兵衛八町村善左衛門矢部理左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都築弥厚の関連情報