コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都腹赤 みやこの はらか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都腹赤 みやこの-はらか

789-825 平安時代前期の官吏,漢詩人。
延暦(えんりゃく)8年生まれ。遣渤海(ぼっかい)副使桑原秋成の子。弟の貞継(さだつぐ)とともに上奏し,氏姓を都宿禰(すくね)にあらためた。少内記のとき「文華秀麗集」の撰者にくわわり,10首がはいる。弘仁(こうにん)12年(821)文章博士兼大内記となり「内裏式」を編集。甥(おい)に都良香(よしか)。天長2年7月7日死去。37歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

都腹赤の関連キーワードベオルンウルフ桑原腹赤智泉フェスエス・バイ・エル原発避難者の復興公営住宅常楽寺霊山施薬院在原業平