コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都腹赤 みやこの はらか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都腹赤 みやこの-はらか

789-825 平安時代前期の官吏,漢詩人。
延暦(えんりゃく)8年生まれ。遣渤海(ぼっかい)副使桑原秋成の子。弟の貞継(さだつぐ)とともに上奏し,氏姓を都宿禰(すくね)にあらためた。少内記のとき「文華秀麗集」の撰者にくわわり,10首がはいる。弘仁(こうにん)12年(821)文章博士兼大内記となり「内裏式」を編集。甥(おい)に都良香(よしか)。天長2年7月7日死去。37歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

都腹赤の関連キーワード桑原腹赤都貞継

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android