コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智泉 ちせん

2件 の用語解説(智泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智泉 ちせん

789-825 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)8年2月14日生まれ。空海の甥(おい)。真言宗大安寺勤操(ごんぞう)に師事。空海の入唐にしたがう。弘仁(こうにん)3年高雄山寺にはいり,初期の真言教団の中心人物ひとりとなる。空海十大弟子のひとり。山城(京都府)報恩院をひらいた。天長2年2月14日死去。37歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓は菅原。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

智泉

没年:天長2.2.14(825.3.7)
生年:延暦8.2.14(789.3.15)
平安初期の真言宗の僧。一説に天長2年5月14日没。空海十大弟子のひとり。空海の姉の子で,讃岐国(香川県)の菅原氏の出身と伝わる。空海の肉親にして霊力と画技に秀でていたため,天長1(824)年9月神護寺最初の定額僧に選ばれるなど将来を期待されたが,37歳で高野山に没した。このときの空海の悲嘆は『性霊集』8巻に詳しい。<参考文献>守山聖真『文化史上より見たる弘法大師伝』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

智泉の関連キーワード桑原腹赤智泉フェスエス・バイ・エル原発避難者の復興公営住宅常楽寺霊山施薬院在原業平伊都内親王

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

智泉の関連情報