コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智泉 ちせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智泉 ちせん

789-825 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)8年2月14日生まれ。空海の甥(おい)。真言宗大安寺勤操(ごんぞう)に師事。空海の入唐にしたがう。弘仁(こうにん)3年高雄山寺にはいり,初期の真言教団の中心人物のひとりとなる。空海十大弟子のひとり。山城(京都府)報恩院をひらいた。天長2年2月14日死去。37歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓菅原

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

智泉

没年:天長2.2.14(825.3.7)
生年:延暦8.2.14(789.3.15)
平安初期の真言宗の僧。一説に天長2年5月14日没。空海十大弟子のひとり。空海の姉の子で,讃岐国(香川県)の菅原氏の出身と伝わる。空海の肉親にして霊力と画技に秀でていたため,天長1(824)年9月神護寺最初の定額僧に選ばれるなど将来を期待されたが,37歳で高野山に没した。このときの空海の悲嘆は『性霊集』8巻に詳しい。<参考文献>守山聖真『文化史上より見たる弘法大師伝』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

智泉 (ちせん)

生年月日:789年2月14日
平安時代前期の真言宗の僧
825年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

智泉の関連キーワード西明寺(京都市)お美代の方台密十三流生年月日曇華院岩船寺西明寺紀良子覚範槇尾

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智泉の関連情報