鋳銭司(読み)じゅせんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋳銭司
じゅせんし

鋳銭司」のページをご覧ください。

鋳銭司
ちゅうせんし

律令制時代の令外官 (りょうげのかん) の一つで,銭貨鋳造の際,臨時におかれた役所。必要額を造り終えると解散した。「じゅせんし」「じゅぜんのつかさ」とも読む。職員はおおむね長官 (かみ) ,次官 (すけ) ,判官 (じょう) ,主典 (さかん) ,史生 (しじょう) のほか,鋳銭師,造銭型師,鉄工,木工,鋳手などの技術者で構成されていた。初見は持統8 (694) 年で,文武3 (699) 年にもおかれた。和銅1 (708) 年の和同開珎 (かいちん) の鋳造以後,銭貨鋳造が盛んとなり,近江,河内,山城,長門周防などに設置され,弘仁9 (818) 年長門国司を改めて鋳銭使とし,承和2 (835) 年周防に設けられ,平安時代には長門,周防に限られたようである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鋳銭司【じゅぜんし】

鋳銭司(ちゅうせんし)

鋳銭司【ちゅうせんし】

奈良・平安時代の官営の鋳銭所。〈じゅぜんし〉ともいう。和同開珎(かいちん)以降皇朝十二銭を鋳造。設置場所は大和(やまと),山城(やましろ),周防(すおう)など。官員に四等官以下,史生(ししょう),鋳銭師,造銭形師(ぞうせんけいし)などが置かれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうせんし【鋳銭司】

日本古代における銭貨鋳造官司。令外の官。常置の官ではなくその置廃は複雑な経過をたどった。初見は《日本書紀》持統8年(694)3月乙酉条の任命記事。これと《続日本紀》文武3年(699)12月庚子条に見える〈鋳銭司〉とは,ともに和同開珎発行以前にあたる。ついで708年(和銅1)和同開珎の発行にそなえてその鋳造を督促する〈催鋳銭司〉が設置され,これと前後して河内に〈鋳銭司〉が置かれ,鋳造の主柱となった。この河内〈鋳銭司〉は《続日本紀》和銅2年8月乙酉条に見えるのみで,所在地も明らかでないが,726年(神亀3)の〈山背国愛宕郡出雲郷雲下里計帳〉にみえる〈鋳銭寮〉がその後身と考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鋳銭司の言及

【山口[市]】より

…一の坂川のゲンジボタルは天然記念物である。市東部の大内に中国自動車道山口インターがあり,南部鋳銭司(すぜんじ)を山陽自動車道が通じる。また,市北部の仁保にはKDDの山口衛星通信所があり,さらに近年宇宙通信や日本国際通信も進出し,情報通信機能が集積しつつある。…

【鋳物師】より

…飛鳥時代以後,造仏の盛行により鋳造技術も著しく進歩した。鋳工は畿内を中心に山陽道,大宰府等の各地に散在していたが,律令制下,大蔵省被官の典鋳司および鋳銭司,諸寺院の鋳物所などに組織された。しかし典鋳司は実質的には機能せず,728年(神亀5)内匠寮に併合される。…

【採銅所】より

…奈良・平安時代に主として鋳銭用の銅・鉛を採掘するため,産地に設けた官営の機関。長官が採銅使で9世紀後期に長門国採銅使海部男種麿,備中国採銅使弓削秋佐の名がみえ,秋佐はのち長門国採銅使と鋳銭司判官を兼任している。採銅所には使の下に銅手あるいは銅工(製錬工),掘穴手(坑夫)が所属し,また郡中の徭夫を徴集し,銅・鉛を採掘製錬した。…

【長門国】より

…一方,石見の伊甘(いかむ)駅(現,島根県浜田市)で終わる山陰道と山陽道を連絡する小路が,石見から小川(現,阿武郡田万川町小川付近),宅佐(たかさ),阿武,埴田,参美(さんみ),三隅,由宇,意福(おふく),鹿野,阿津の駅を経て厚狭駅(現,厚狭郡山陽町付近)に合流した。鋳銭司(所)が国庁の西方(下関市長府町下安養寺)に設置され,〈和同開珎〉と〈富寿神宝〉が鋳造された。長門国は当時主要な銅産出国の一つで,採長門国銅使を任命したことがある。…

※「鋳銭司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋳銭司の関連情報