コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都野巽 つの たつみ

1件 の用語解説(都野巽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都野巽 つの-たつみ

1828-1895 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政11年6月生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。江戸で大橋訥庵(とつあん)に儒学を,江川太郎左衛門,高島秋帆に砲術をまなび,帰藩して用人役となる。戊辰(ぼしん)戦争では東北を転戦。維新後,会津(あいづ)藩判事,岩国藩権(ごんの)大参事。明治28年3月11日死去。68歳。本姓は有福。名は敬之。通称は別に新輔。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

都野巽の関連キーワード深刻小説日清戦争農民文学観念小説文芸倶楽部ツンベリースティロライトアディノールワイマールシュレーゲル(兄弟)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone