コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄒守益 すうしゅえき Zou Shou-yi

2件 の用語解説(鄒守益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄒守益
すうしゅえき
Zou Shou-yi

[生]弘治4(1491)
[没]嘉靖41(1562)
中国,明の儒学者。江西省安福の人。字は謙之。号は東廓。王陽明の高弟で,正徳6 (1511) 年進士となり,翰林院編修を振出しに各地に歴任した。辞してのちは,郷里での講学に努め,江西の陽明学の中心であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鄒守益
すうしゅえき
(1491―1562)

中国、明(みん)代の陽明学者。字(あざな)は謙之(けんし)、諡(おくりな)は文荘、東廓(とうかく)先生とよばれた。安福(江西省)の人。王陽明(ようめい)(守仁(しゅじん))の高弟で、寧王宸濠(ねいおうしんごう)(?―1521)の反乱に際し、王陽明とともに乱を鎮圧した。大礼の議では世宗(せいそう)(嘉靖帝)に反対し、広徳州に流謫(るたく)された。官は南京(ナンキン)国子祭酒に至る。彼は慎独(しんどく)、戒懼(かいく)といった内的な心の修養を重んじ、純粋無雑な心に返ることを致良知の実現とみた。この立場は、陽明学派のなかでは、日々の着実な修養を重視する比較的穏健な修証派に属す。[杉山寛行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄒守益の関連キーワード森有恕大礼の議明銭エヌ没・歿勃・歿・没三角数Nアセチルガラクトサミン4硫酸2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone