国子祭酒(読み)コクシサイシュ

大辞林 第三版の解説

こくしさいしゅ【国子祭酒】

国子学・国子監の長官。
大学頭だいがくのかみの唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こくし‐さいしゅ【国子祭酒】

〘名〙
① (「祭酒」は、神に酒を供える長老の意から転じて長官のこと) 国子学の長官。
※今昔(1120頃か)六「震旦の唐の代に国子祭酒と云ふ官にて粛璟(しょうけい)と云ふ人有けり」 〔晉書‐職官志〕
大学頭(だいがくのかみ)の唐名。〔職原鈔(1340)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android