コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭永寧 てい えいねい

2件 の用語解説(鄭永寧の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭永寧 てい-えいねい

1829-1897 明治時代の外交官。
文政12年8月11日生まれ。代々唐通事の鄭家をつぐ。明治2年外務省にはいり,4年伊達宗城(むねなり)に随行して日清(にっしん)修好条規の締結につくす。権(ごんの)大書記官。のち司法省にうつり「大清会典」に訓点をつける作業にあたった。明治30年7月29日死去。69歳。肥前長崎出身。本姓は呉。通称は右十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鄭永寧

没年:明治30.7.29(1897)
生年:文政12.8.11(1829.9.8)
明治期の外交官。長崎で「呉氏六秀(呉家の秀才兄弟)」の末子に生まれ,代々唐通事の鄭家を継ぐ。外務省に入り,大訳官,外務少記,1等書記官,権大書記官と累進。この間,柳原前光,伊達宗城,副島種臣,大久保利通,森有礼,伊藤博文の各清国派遣に随行,談判通訳に従事。のち司法省に転じ『大清会典』の訓点に尽くす。明治19(1886)年退官し閑居。長男鄭永昌は北清事変(1900)時の天津領事,袁世凱嘱託。次男鄭永邦は北京公使館書記官,『官話指南』は呉啓太との合著。墓は谷中霊園。<参考文献>東亜同文会編『対支回顧録』下,黒竜会編『東亜先覚志士記伝』下

(安岡昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄭永寧の関連キーワード外交官稲垣満次郎倉知鉄吉児島正一郎ジーモン武内竜次中島才吉林毅陸松村貞雄陸奥広吉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone