鄭 和(読み)ていわ

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1371〜1434ごろ
明初期の武将
雲南出身のイスラーム教徒。宦官 (かんがん) 。 (えん) 王(のちの永楽帝)に仕え,靖難の変で功績をあげて信任され,特命を受けて前後7回(ほか海外遣使1回)にわたり(1405〜33),大船隊を率いて東南アジア・インド南岸・西南アジア諸地方に渡航し,さらに分遣隊はアフリカ東岸にまで達した。その目的は建文帝の行方追及に名をかりた在外華僑への示威,明朝統一後の国威宣揚と,大型貿易船による一種の官業貿易にあったとみられる。これ以後,中国人の南海に対する知識が増大し,また各地から多くの使節が来朝し,現地の産物をもたらした。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鄭 和の関連情報