コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配線ダクト はいせんダクト

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

はいせんダクト【配線ダクト】

照明器具を取り付ける装置の一つ。通電できるレール状のものを天井に設け、スポットライトなどを取り付ける。照明器具脱着・移動が容易で、ギャラリーなどの照明に多く用いる。◇「トラックライト」「ライティングレール」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいせん‐ダクト【配線ダクト】

電線やケーブルなどをまとめて配線するための管。
ライティングレール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

配線ダクト

中に電線を収納し、要所に固定配置するための管状設備。「トラックライト」、「ライティングレール」とも言い、通電できるレール状のものを天井に埋め込んだり、直付けにしたりする。レールに装着できるアダプター付き器具であれば、器具の取り外しや移動が容易にできる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

配線ダクトの関連キーワードlighting railケーブル