コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒、女、歌

デジタル大辞泉プラスの解説

酒、女、歌

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世による管弦楽のためのワルツ(1869)。原題《Wein, Weib und Gesang》。名称は「ワインと女と歌を愛さないとは、なんと愚かな人生だろうか」という歌詞があることに由来する。合唱付きの管弦楽曲として作曲されたが、管弦楽器のみで演奏されることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

さけおんなうた〔さけをんなうた〕【酒、女、歌】

《原題、〈ドイツ〉Wein, Weib und Gesangヨハン=シュトラウス2世による管弦楽によるワルツ。1869年作曲。「ワインと女と歌を愛さないとは、なんと愚かな人生だろうか」というルターによる格言を歌詞に用いている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

酒、女、歌の関連キーワードシュトラウス(子)ローズ