コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒上熟寐 さけのうえの じゅくね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒上熟寐 さけのうえの-じゅくね

1724-1784 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)9年生まれ。江戸市谷左内坂の名主。酒をこのむが,晩年は禁酒して瓢空酒(ひさごの-からさけ)と称した。安永のころ大田南畝(なんぽ)とともに宝合(たからあわせ)の会や観月宴の世話役をつとめた。天明4年5月19日死去。61歳。姓は島田。名は友直。字(あざな)は士諒。通称は左内。狂名は「うましね」「すぐね」ともよむ。

酒上熟寐 さかのうえの-じゅくね

さけのうえの-じゅくね

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒上熟寐の関連キーワード文屋安雄狂歌師享保

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android