コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井亜人 さかい あじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井亜人 さかい-あじん

1904-1965 昭和時代の日本画家。
明治37年8月生まれ。昭和12年院展で「冬」が初入選。13年新美術人協会の結成に参加し,あたらしい日本画の運動をすすめる。27年院展で「晩秋」が大観賞を受賞。昭和40年1月5日死去。60歳。千葉県出身。本名は忠三。作品に「太海」「茶室」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井亜人の関連キーワード昭和時代