コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠休 さかい ただよし

1件 の用語解説(酒井忠休の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠休 さかい-ただよし

1714-1787 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)4年8月16日生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士酒井直隆の長男。酒井忠予(ただやす)の養子となり,享保(きょうほう)17年出羽松山藩(山形県)藩主酒井家3代。宝暦11年若年寄にすすむ。役務遂行のため藩財政が逼迫(ひっぱく)し,家臣に弾劾される宝暦事件がおきた。天明7年4月18日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

酒井忠休の関連キーワード松平頼永稲葉正任上杉宗憲織田長弘木下俊在九鬼隆祺真田信安永井尚平前田利久分部光命