コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠学 さかい ただのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠学 さかい-ただのり

1809*-1844 江戸時代後期の大名。
文化5年11月17日生まれ。酒井忠道(ただひろ)の7男。妻は将軍徳川家斉(いえなり)の娘喜代姫。叔父(おじ)酒井忠実(ただみつ)の養子となり,天保(てんぽう)6年播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井家5代。産業振興のほか,教育改革にもつとめた。天保15年10月10日死去。37歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井忠学の関連キーワード唐端藤蔵酒井忠宝

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android