コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠道 さかい ただひろ

2件 の用語解説(酒井忠道の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

酒井忠道

幼名徳太郎、後雅樂頭と称す。抱一上人の兄忠以の子にして、寛政2年父の遺領十五万石を嗣ぎ、姫路城主となる。根岸雨華庵の額は候の筆なり、篤学にして『魏民樂器図』『錦帯書』等の著あり。又別に南向茶活の書入とする。天保8年(1837)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠道 さかい-ただひろ

1777-1837 江戸時代後期の大名。
安永6年9月10日生まれ。酒井忠以(ただざね)の子。寛政2年播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井家3代となる。家老河合寸翁(すんのう)を起用して藩の財政再建につとめた。また関松窓(せき-しょうそう)に儒学をまなび,文化人としても知られた。天保(てんぽう)8年7月23日死去。61歳。号は白鷺(はくろ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

酒井忠道の関連キーワード松平乗尹有馬徳純関長輝土井利義土岐頼布鳥居忠燾早瀬蘭川松平定芝毛利広鎮森長義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone