コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢橘 スダチ

2件 の用語解説(酢橘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す‐だち【酢×橘】

ミカン科の常緑低木。ユズに似て果実は小さく、扁球形。果肉は酸味が強く、特有の香気がある。食酢用に徳島県で栽培され、まだ緑色のときに収穫する。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すだち【酢橘】

ミカン科の常緑小高木。徳島県の特産。ユズの近縁で、果実は小さく平球形、多汁で酸味が強く、独特の芳香があり、料理に用いる。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酢橘の関連情報