酢豆(読み)すまめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢豆
すまめ

栃木県の郷土料理。鞍掛豆(くらかけまめ)といって、大豆よりすこし大きく中央に鞍をかけたような筋が通った豆か、ないときは青豆を用いる。豆は一晩水に浸しておき、ざるにあげて水けをよくきる。鍋(なべ)に湯を沸騰させ、この豆を入れてさっと煮る。酢2、しょうゆ1の割合で混ぜ合わせた中にこの豆を入れ、一晩そのままにしておく。ごく寒いころには3~4日つけてから用いる。豆はさっと煮て独特の臭みを除く程度にして、煮すぎないこと。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android