コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢豆 すまめ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

すまめ【酢豆】


新潟の郷土料理で、ゆでた青大豆を酢・しょうゆなどで作った調味液に漬け込んだもの。地域によってはかずのこやにんじんなどをいっしょに漬ける。主に正月料理として作られてきた。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢豆
すまめ

栃木県の郷土料理。鞍掛豆(くらかけまめ)といって、大豆よりすこし大きく中央に鞍をかけたような筋が通った豆か、ないときは青豆を用いる。豆は一晩水に浸しておき、ざるにあげて水けをよくきる。鍋(なべ)に湯を沸騰させ、この豆を入れてさっと煮る。酢2、しょうゆ1の割合で混ぜ合わせた中にこの豆を入れ、一晩そのままにしておく。ごく寒いころには3~4日つけてから用いる。豆はさっと煮て独特の臭みを除く程度にして、煮すぎないこと。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酢豆の関連キーワード三遊亭 円歌(初代)ちりとてちん落語の演題多田鉄之助くらかけ酢豆腐

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android