コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸植物 さんしょくぶつacid plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸植物
さんしょくぶつ
acid plant

カタバミ,スイバ,ベゴニアなど細胞液がシュウ酸などの有機酸に富んでいる植物。一般に植物は土壌からアンモニアを吸収してもその窒素分を利用するどころかアンモニアの毒性によって中毒を起すものであり,土壌の酸性度が低いときにこの現象は著しいとされている。しかし酸植物は体内でアンモニアを中和してアンモニウム塩としてしまい,ときにシュウ酸アンモニウムの結晶が細胞内に析出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

酸植物の関連キーワード塗料肥料

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸植物の関連情報