コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞液 さいぼうえきcell sap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細胞液
さいぼうえき
cell sap

植物細胞でよく発達している液胞を満たす液体。普通,弱酸性を示し,特殊な成分が蓄積していることも多くて,植物組織の味,色などは細胞液に基づくことが多い。また細胞に浸透圧を与え,吸水の原動力となる。中性赤 (色素名) で特異的に生体染色される。 (→細胞含有物質 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいぼうえき【細胞液】

液胞を満たしている液体。塩類・糖・有機酸・色素・タンニン・アルカロイド・タンパク質などを溶存する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

細胞液の関連キーワードタマゴバロニアレオロジークラミジア原形質分離バロニアチマーゼ乾生植物クマムシ細胞伸長伊藤解析塩生植物酸植物等張性後形質膨圧凍害寒害乾燥寄生

細胞液の関連情報