コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機酸 ゆうきさん organic acid

5件 の用語解説(有機酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機酸
ゆうきさん
organic acid

酸性の有機化合物の総称。多くはモノカルボン酸 RCOOH ,ジカルボン酸 HOOC(CH2)nCOOH であるが,スルホン酸 R・SO3H ,スルフィン酸 R・SO2H ,フェノール ArOH ,エノール RCH=C(OH)R ,チオフェノール ArSH ,オキシム RCH=NOH ,芳香族スルホンアミド ArSO2NH2,ArSO2NHR ,第一級および第二級ニトロ化合物 RCH2NO2,R2CHNO2 なども酸性を示すので,有機酸に加えられることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうき‐さん〔イウキ‐〕【有機酸】

酸の性質を示す有機化合物カルボン酸スルホン酸フェノール類など。天然にあるのは酢酸酪酸蓚酸(しゅうさん)酒石酸安息香酸など。⇔無機酸

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

有機酸

 有機化合物である酸.カルボン酸をいうことが多いが,ホスホン酸スルホン酸スルフィン酸フェノールエノールチオール酸イミドオキシムスルホンアミドなども含める.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆうきさん【有機酸】

酸の性質をもつ有機化合物。一般に弱酸で、カルボン酸・スルホン酸・フェノール類などに分けられる。酢酸・乳酸・ベンゼンスルホン酸・フェノールなど。 ↔ 無機酸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有機酸
ゆうきさん
organic acid

酸性をもっている有機化合物の総称。無機酸(鉱酸)に対する用語であり、鉱物から得られる酸である無機酸に対して、動植物界から得られる酸を有機酸とよんだのが語源である。酸性をもつ有機化合物にはカルボン酸RCOOH、スルホン酸RSO3H、フェノールArOH(Arは芳香族基)、エノールおよびエンジオールなど多種類の化合物が知られていて、これらはすべて広い意味の有機酸である。
 しかし、有機酸として古くから知られている化合物には、酢酸、酒石酸などのカルボン酸が多いので、狭い意味ではカルボン酸をいう。カルボン酸はカルボキシ基-COOHをもつ化合物の総称である。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有機酸の関連キーワードカルボキシル基カルボニル化合物カルボン酸天然有機化合物有機スズ化合物無機酸有機物カルボキシルジケトンオゾニド

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有機酸の関連情報