コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素酸 サンソサン

百科事典マイペディアの解説

酸素酸【さんそさん】

オキソ酸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんそさん【酸素酸】

オキソ酸 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素酸
さんそさん

オキソ酸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸素酸
さんそさん
oxygen acidoxoacid

酸素を含む無機酸。正しくはオキソ酸という。水素酸に対する語。古くはオキシ酸ともいった。たとえば硝酸HNO3、硫酸H2SO4、リン酸H3PO4などが酸素酸である。酸素以外の元素が酸素と結合した基によって生ずる酸で、重要な無機酸の多くがこれに含まれる。また、酸素のかわりにヒドロキシル-OHの結合した基をもつ酸を含めることもある。一般に、酸性酸化物と水とから得られる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の酸素酸の言及

【オキソ酸】より

…酸素を含む無機酸,すなわち酸素以外の非金属または金属原子に酸素(酸素原子の配位子名をオキソという)が配位した陰性成分を有する酸をいう。古くオキシ酸oxy‐acidあるいは酸素酸などといった。水素酸に対する語。…

【酸・塩基】より

…各種の無機酸,有機酸も見いだされ,塩基も確定してくると,これに対し統一的な概念を与えるための議論が行われるのは当然であって,A.L.ラボアジエは酸成分,アルカリ成分の分析などによって生ずる気体の研究から,酸には酸の素になるものがあって,これが酸素であるとした。この考え方は多くの人に支持されたが,酸素酸だけではなく水素酸のあることなどから否定され,19世紀に入ると,たとえばH.デービーやJ.J.ベルセリウスのように酸にはすべて水素が必要であるとして酸の水素説が主張された。そして1838年J.F.vonリービヒによって〈酸とは金属で置換できる水素を含む物質である〉と定義された。…

【水素酸】より

…たとえば塩酸HCl,ヨウ化水素酸HI,硫化水素酸H2S,シアン化水素酸HCN,クロロ白金(IV)酸H2PtCl6などがその例である。これに対して,硫酸H2SO4,硝酸HNO3,リン酸H3PO4,クロム酸H2CrO4などのような酸素を含む酸はオキソ酸(以前は酸素酸といった)という。またカルボキシル基,水酸基を有する有機酸,たとえば酢酸CH3COOH,酒石酸(CHOH)2(COOH)2などはカルボン酸と呼び水素酸とはいわない。…

※「酸素酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酸素酸の関連キーワードエチレン(脂肪族不飽和化合物)ルミネセンス酸性酸化物酸素族元素炭化水素過塩素酸複酸化物酸化窒素アルケン液体酸素水酸基オルト酸化剤メタパラ次亜

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android