コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采女氏塋域碑 うねめしのえいいきひ

世界大百科事典 第2版の解説

うねめしのえいいきひ【采女氏塋域碑】

689年(持統3),采女竹良(うねめのちくら)の墓所を明示するために作られた石碑。もと河内国春日村(現,大阪府南河内郡太子町)の帷子(かたびら)山から出土し,付近の妙見寺に置かれていたと伝えるが,現在その所在を逸している。江戸時代の拓本によると,石は高さ38cm,幅21cmほどの大きさで,その一面に6行にわたって文が陰刻されていた。文面には〈飛鳥浄御原大朝庭〉(天武朝)の大弁官で直大弐の位を有した采女竹良卿の墓所として,形浦山の地4000代(しろ)を請いうけたので,他人がこれを破壊したりけがしてはならない旨が述べられており,末尾に己丑年(689)12月25日の日付が加えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

采女氏塋域碑の関連キーワード采女竹羅

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android