コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采配 さいはい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

采配
さいはい

牌,再拝とも書く。持主部隊指揮官であることを示す目印の一つ。日本では 16世紀から幕末まで使われた。最も一般的なものは,白紙を細く切って房にし,柄につけたものである。これを振って指揮した。軍神を勧請するものと考えられていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐はい【采配/采幣】

紙の幣(しで)の一種。昔、戦場で大将が手に持ち、士卒を指揮するために振った道具。厚紙を細長く切って作った総(ふさ)を木や竹の柄につけたもの。色は白・朱・金・銀など。
指図。指揮。「―をとる」
《形が1に似ているところから》はたき。ちりはらい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

采配【さいはい】

再拝,采幣,采牌とも書く。日本の指揮用具の一つ。白紙(または銀紙,朱紙,金紙など)を細く切って束ね総(ふさ)をつくりそれに柄をつけたもの。16世紀以来広く軍陣で用いられ,大将がこれを打ち振って士卒を指揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいはい【采配】

日本の指揮用具の一つ。再拝,采幣,采牌などとも書くが,いずれもあて字である。古く放鷹(ほうよう)にあたってタカの指揮に用いる切り裂き紙をたばねた竿(さお)を〈ざい〉といい,また犬追物(いぬおうもの)の合図にも神供の幣を用いて〈再拝〉といった。しかし16世紀以来ひろく軍陣にも使用して,遠近の部下に司令を示す指揮用具となり,軍神を勧請(かんじよう)して主将の料とされ,軍功によって手兵を授けられた部将にも使用が許可された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいはい【采配】

武将が士卒の指揮に用いた具。白紙や朱塗り、箔はく置きなどをした犬の革などを細長い短冊状に切り、柄の先につけたもの。
指図。指揮。 「 -をとる」 「 -を任される」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

采配
さいはい

軍勢の進退を指揮するため、大将以下将帥の持った用具。30センチメートル程度の柄(え)の先に、幅1.2センチメートルほどに細長く裂いた白紙や、白熊(はぐま)の毛などを束ねて取り付けたもの。近世初期のものは粗末な製作であるが、後世は、金銀箔(はく)押し、朱塗りに、柄も塗りとし金具をつけた豪華な製作がある。その始源は、鷹狩(たかがり)の鷹匠、射術の検見(けみ)役などが合図に振る「麾(ざい)」や、禅僧の威儀具の「払子(ほっす)」などに由来するものとされる。軍陣での所用の古い例は、『平治(へいじ)物語絵巻』(原本は伝わらず模本)待賢門合戦の条に(はぐま)(白熊)の毛の采配がある。しかし、それ以後、戦国時代に至るまでは、確実な使用例はない。近世中ごろには当世具足の胸部に打った環を、「采配付けの環」と称しているから、近世初期までには広く普及していたのである。また江戸初期作製の本多忠勝(ただかつ)や黒田長政(ながまさ)らの甲冑(かっちゅう)着用の肖像画にも采配を持った姿が描かれている。指揮具としてよりも威儀の具であったとも思われる。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

采配の関連キーワードIRBパシフィック・ネーションズカップルチアーノ スパレッティロベール サバティエイヘニオ ベレスアラクチェーエフロジェ ルメールフアン[2世]采・賽・骰子ザイフリボク宇津木六之丞太地角右衛門サイハイランオリバレス新規就農者采配を振る佐々木 邦池田健三郎采柄を握る舌を巻く古賀慶太

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

采配の関連情報