コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里松庵一寿 りしょうあんいちじゅ

1件 の用語解説(里松庵一寿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里松庵一寿
りしょうあんいちじゅ

江戸時代後期の生け花作家。遠州流春秋軒一葉系の栄松庵一賀の門下ともいわれる。独特な遠州流花留の薬研配 (やげんくばり) を文化8 (1811) 年に案出。以後は技術上の無理がなくなり,遠州流の諸分派が古典的方向へと発展,文政2 (19) 年にはかなり普及していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone