コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里松庵一寿 りしょうあんいちじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里松庵一寿
りしょうあんいちじゅ

江戸時代後期の生け花作家。遠州流春秋軒一葉系の栄松庵一賀の門下ともいわれる。独特な遠州流花留の薬研配 (やげんくばり) を文化8 (1811) 年に案出。以後は技術上の無理がなくなり,遠州流の諸分派が古典的方向へと発展,文政2 (19) 年にはかなり普及していた。著書に『遠州流挿花意匠』 (24) ,『意匠再編』 (40) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

里松庵一寿の関連キーワード宝松庵一玉(初代)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android