コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見四郎左衛門 さとみ しろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見四郎左衛門 さとみ-しろうざえもん

1815-1865 江戸時代後期の武士。
文化12年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。町奉行をへて徒士頭(かちがしら)となる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱がおきると榊原新左衛門にしたがい,那珂湊(なかみなと)で幕府軍や他藩の兵とたたかって降伏。元治2年4月5日下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)で切腹。51歳。名は親吉,のち親賢。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

里見四郎左衛門の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチフォーレアメリカ合衆国史(年表)国家連合ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android