コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見四郎左衛門 さとみ しろうざえもん

1件 の用語解説(里見四郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見四郎左衛門 さとみ-しろうざえもん

1815-1865 江戸時代後期の武士。
文化12年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。町奉行をへて徒士頭(かちがしら)となる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱がおきると榊原新左衛門にしたがい,那珂湊(なかみなと)で幕府軍や他藩の兵とたたかって降伏。元治2年4月5日下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)で切腹。51歳。名は親吉,のち親賢。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

里見四郎左衛門の関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇稲葉正巳勝井五八郎平山敬忠プルーイン藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone