コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見義成 さとみ よしなり

2件 の用語解説(里見義成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見義成 さとみ-よしなり

1157-1234 平安後期-鎌倉時代の武将。
保元(ほうげん)2年生まれ。新田氏の一族里見義俊の子。上野(こうずけ)(群馬県)碓氷(うすい)郡里見の地頭。治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵の際いちはやくかけつけ,以後側近として活躍した。文暦(ぶんりゃく)元年11月28日死去。78歳。通称は太郎,里見冠者。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

里見義成

没年:文暦1.11.28(1234.12.20)
生年:保元2(1157)
鎌倉前期の武将。新田一族の里見義俊の子,太郎,冠者を称し,伊賀守となる。上野国(群馬県)碓氷郡里見の領主。治承4(1180)年,源頼朝の鎌倉入りの直後に京都より馳せ参じ,遅れを叱責された祖父新田義重に対比して頼朝より賞された。その後,頼朝の側近として活動し,鶴岡社参,上洛,巻狩などに随従した。嘉禄1(1225)年ごろに隠退して子義継に家督を譲った。没したとき,将軍家の寵士としてさまざまの人からその死を惜しまれたと『吾妻鏡』に記されている。<参考文献>新田町編『新田荘と新田氏』

(峰岸純夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里見義成の関連キーワード新田義重足助重信里見義氏里見義実里見義高里見義綱里見義俊里見義豊里見義通東条常政

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone