コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重包 しげかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重包 しげかね

1673-1729* 江戸時代中期の刀工。
延宝元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の信国吉包の子。享保(きょうほう)6年幕命により江戸浜御殿で将軍徳川吉宗(よしむね)の佩刀(はいとう)をつくる。功により銘に一葉葵紋(あおいもん)をきることをゆるされ,正包(まさかね)と改名。享保13年12月10日死去。56歳。姓は原田。通称は助六,助左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

重包の関連キーワードパリ・コミューンクラフトパルプ亜硫酸パルプ昭和パックス主水正正清圧搾酵母抄紙機包装刀工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android