コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重層型産業構造 じゅうそうがたさんぎょうこうぞう

1件 の用語解説(重層型産業構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重層型産業構造
じゅうそうがたさんぎょうこうぞう

1996年版「経済白書」のなかで,戦後日本の産業構造の特徴として示された概念。貿易構造と産業別生産性から見た場合,日本の産業は,(1) 生産性が高く輸出競争力も強い「比較優位産業」,(2) 生産性が相対的に低く輸出競争力も弱い「比較劣位産業」,(3) 生産性が非常に低い一方で,貿易財 (サービス) を産出しない「非貿易財産業」という,生産性の異なる3種の重層型構造をなしてきたとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

重層型産業構造の関連キーワード運転注意力モニタ MDAS地球温暖化夫婦別姓来栖あつこDAIZO門倉有希三菱 ギャラン日産ディーゼル コンドル沖縄基地問題オリーブの木

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone