コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重松逸造 しげまつ いつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重松逸造 しげまつ-いつぞう

1917-2012 昭和後期-平成時代の疫学者。
大正6年11月25日生まれ。金沢大教授,国立公衆衛生院疫学部長をへて,昭和56年放射線影響研究所理事長。イタイイタイ病スモンなどの疫学的研究,原爆被爆者追跡調査などを指導した。平成24年2月6日死去。94歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「疫学とはなにか―原因を追求する科学」「日本の疫学―放射線の健康影響研究の歴史と教訓」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重松逸造の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車美咲三菱A型文学革命長田侑子早川佳祐塩谷愛実Buono!横山章太佐藤真澄

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重松逸造の関連情報