コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重田定一 しげた ていいち

1件 の用語解説(重田定一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重田定一 しげた-ていいち

1874-1918 明治-大正時代の官吏,歴史家。
明治7年10月6日生まれ。文部省図書官となり,督学官,臨時帝室編修局編修官を兼務。社倉(飢饉(ききん)にそなえた穀物倉庫)の研究をかさね,また小島蕉園(しょうえん),岡田寒泉らの伝記をあらわした。大正7年4月8日死去。45歳。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重田定一の関連キーワード米騒動新聞小説イタリア映画干渉戦争東欧演劇母性保護論争島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone