コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重畳原理 principle of superposition

2件 の用語解説(重畳原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

重畳原理【principle of superposition】

重ね合わせの原理(物理系)*に当たる.

(1) 多くの物理系に適用される一般原理.多数の独立な力が作用するとき,その効果は個々の力の和が作用するのと同等である.

(2) 光学や音響学,量子論などの同次線形微分方程式で特徴づけられる理論においては,その方程式の解を任意に加えあわせたものも同様に解となるという原理.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内の重畳原理の言及

【重ね合せの原理】より

…音波が伝わる空気中の密度の変化のように,場所(x,y,z)と時間tの関数として表される量f(x,y,z,t)が同次線形方程式となるときには,f1(x,y,z,t)という解とf2(x,y,z,t)という解があると,f1f2も解になるという原理。重畳原理ともいう。光の波でも同様であり,2本の光束が交差する場所では両方の光による振動を重ね合わせたもの(光は電磁気力の波なのでベクトルとしての力の和)が各点の実際の振動になる。…

※「重畳原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone