重禁錮/重禁固(読み)ジュウキンコ

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐きんこ ヂュウ‥【重禁錮】

〘名〙 旧刑法に定められていた刑罰の一つ。軽罪の主刑の一種。一一日以上五年以下の刑期で禁錮場に入り、定役に服する。
※刑法(明治一三年)(1880)二四条「重禁錮は定役に服し軽禁錮は定役に服せず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重禁錮/重禁固の言及

【懲役】より

…この懲役が,初の本格的な西洋法の継受である1880年の(旧)刑法では,島地発遣刑の徒・流などとともに,内地の懲役場で定役に服す重罪刑として規定され,刑期によって重懲役(9~11年)と軽懲役(6~8年)に分けられた。定役に服すものとしては軽罪刑たる重禁錮(11日~5年)もあった。1907年の刑法では徒・流を廃し,重禁錮も含めて懲役として一本化され現在に至っている。…

※「重禁錮/重禁固」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android