コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重電機 じゅうでんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重電機
じゅうでんき

重電ともいう。電気機具を,そのスケールの大きさや重量で区別した場合の呼称で,軽電機 (家庭用電器) に対する語。工業用,動力用などの電気機器はすべてこれに含まれるが,重工業などという言葉とともに,いわゆる俗称である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐でんき〔ヂユウ‐〕【重電機】

発電機・電動機変圧器などのような重量の大きい電気機器。⇔軽電機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうでんき【重電機】

生産財として使われる発電機など、大型の電気機械。 ⇔ 軽電機

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

重電機の関連キーワードプラント・エンジニアリング産業パワー・エレクトロニクスマディヤ・プラデシュサンクトペテルブルグジーメンス[会社]セントキャサリンズ日立製作所[株]ティルチラーパリ電気機械器具工業ノボシビルスク三菱電機(株)産業合理化政策三菱電機[株]製造原価報告書重電メーカーハルドワール電気機械工業駒井 健一郎明電舎[株]シュッケルト

重電機の関連情報