コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野原荘 のはらのしょう

百科事典マイペディアの解説

野原荘【のはらのしょう】

肥後国玉名(たまな)郡北西部にあった豊前宇佐弥勒(みろく)寺領の荘園。地元では〈のばら〉と称する。現在の熊本県荒尾(あらお)市,長洲(ながす)町の大部分を占めたとみられる。《中右記》永久2年(1114)3月18日条に荘名がみえる。石清水(いわしみず)八幡宮寺の検校(けんぎょう)は弥勒寺検校を兼ね,弥勒寺領の当荘などを管理した。鎌倉期の田数は800余町とされる。1247年の宝治合戦までは大江広元の子の毛利禅門(季光)が地頭であったが,合戦で滅び,武蔵国御家人小代(しょうだい)重俊が補任された。1262年下地中分が行われ,東郷が領家分,西郷が地頭分となった。文永の役を機に重俊の子息らが下向,村ごとに分割知行を行った。南北朝期,小代氏はほぼ一貫して北朝方につき,末期には荘全体を掌握した。荘鎮守として野原八幡宮(現荒尾市)が勧請された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のはらのしょう【野原荘】

肥後国玉名郡北西部(現,熊本県荒尾市,玉名郡長洲町)にあった宇佐弥勒寺領の荘園。《中右記》永久2年(1114)3月18日条にはじめて荘名が見えるが,立荘の経緯は不明。弥勒寺は石清水八幡宮寺を本家としたので,同寺検校が弥勒寺検校を兼ね寺領を管理した。鎌倉期の田数は〈七百丁,実ハ八百丁アリ〉と見えており,弥勒寺領最大の荘園であった。1247年(宝治1)6月の宝治合戦までの地頭は大江広元の子の毛利禅門西阿(季光)であったが,同合戦で滅び,その跡に武蔵国御家人小代(しようだい)重俊が補任された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

野原荘の関連キーワード荘園(日本)詫磨満親小岱山高松城丹波焼石清水今田

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android