コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野原荘 のはらのしょう

2件 の用語解説(野原荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

野原荘【のはらのしょう】

肥後国玉名(たまな)郡北西部にあった豊前宇佐弥勒(みろく)寺領の荘園。地元では〈のばら〉と称する。現在の熊本県荒尾(あらお)市,長洲(ながす)町の大部分を占めたとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のはらのしょう【野原荘】

肥後国玉名郡北西部(現,熊本県荒尾市,玉名郡長洲町)にあった宇佐弥勒寺領の荘園。《中右記》永久2年(1114)3月18日条にはじめて荘名が見えるが,立荘の経緯は不明。弥勒寺は石清水八幡宮寺を本家としたので,同寺検校が弥勒寺検校を兼ね寺領を管理した。鎌倉期の田数は〈七百丁,実ハ八百丁アリ〉と見えており,弥勒寺領最大の荘園であった。1247年(宝治1)6月の宝治合戦までの地頭は大江広元の子の毛利禅門西阿(季光)であったが,同合戦で滅び,その跡に武蔵国御家人小代(しようだい)重俊が補任された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野原荘の関連キーワード荒尾市三池三池炭田荒尾玉名宮崎八郎小代焼きくすい九州・山口の近代化産業遺産群印宮崎民蔵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone