下地中分(読み)したじちゅうぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下地中分
したじちゅうぶん

鎌倉時代,荘園領主地頭との争いを解決するため,土地を折半,あるいは2対1に分け,それぞれ領家方,地頭方の領掌権 (保有権) ,下地進止権 (処分権) を認め,相互に侵犯しないようにしたこと。これは鎌倉時代中期頃から盛んになり,幕府も争いの早期解決策として奨励した。下地中分には幕府の裁決によるものと,和解によるものとがあり,また方法には,土地を折半して一円支配 (→一円知行 ) を認め合う方法と,下地の坪ごとに,あるいは一単位の畑,屋敷ごとに折半するという,いわゆる坪分け中分とがあった。 (→地頭請 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

したじ‐ちゅうぶん〔したヂ‐〕【下地中分】

中世、年貢や土地にかかわる荘園領主と地頭との紛争解決の一方法。下地を折半してお互いに領有を認め合うもの。地頭が一円領主化する契機となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下地中分【したじちゅうぶん】

地頭と荘園領主との間の年貢公事(くじ)などをめぐる相論を解決するため,鎌倉時代中期から南北朝末期まで行われた方法。上分(じょうぶん)(年貢・公事などの得分物)を確保するため,これを生み出す土地(田畠のほか山野未開地も含む),すなわち下地を分割した。下地に対する実質的支配権(下地進止権(しんしけん))を握った地頭が,荘園領主である本所(本家(ほんけ))・領家(りょうけ)に貢納すべき年貢などを押領,下地の一円支配を行おうとして相論となり,その解決のためおもに行われた。具体的には相論の対象地全体を分割,相互にこれを侵さないよう境界線を引き,領家方・地頭方などと称した。不均等分割の場合も少なくなく,荘民まで二分することもあった。手続きには当事者の和解によるもの(和与(わよ)中分)と,領家方から申請をうけた幕府が中分命令を下す場合とがあり,その結果,下地中分絵図や分文(わけぶみ)が作成され,相互に一円支配を行うことになった。なお中分された領家方・地頭方の地域に領家・地頭という地名が生まれ,近世村名に継承された例もままある。→東郷荘
→関連項目茜部荘伊作荘大野荘(石川)大野荘(大分)大山荘櫛淵荘検注雀岐荘佐々目郷寺社領荘園(日本)新見荘野原荘日置荘南部荘三入荘弓削島荘和佐荘和与状

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

したじちゅうぶん【下地中分】

13世紀中ごろ(鎌倉中期)から,14世紀末ごろ(南北朝末期)まで行われた年貢・公事などをめぐる争論の解決方法の一つで,上分(じようぶん)(年貢・公事などの剰余生産物)を確保するため,これを生み出す土地すなわち下地を分割する方法。主として荘園領主(本家・領家)と地頭の間で実施され,鎌倉・室町両幕府も,これを政策的に推進した。寺社領の場合に多くみられ,かつ地域的には全国にわたるが,中国・四国・九州などの西国地方に事例が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

したじちゅうぶん【下地中分】

鎌倉時代から南北朝時代にかけて行われた、荘園領主と地頭との間の年貢・所領争論に対する解決法の一。下地を二分し、互いの領有権を認めて侵犯しないようにした。地頭の荘園侵略に対抗する手段であったが、荘園制崩壊の一因ともなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下地中分
したじちゅうぶん

13世紀中ごろ(鎌倉中期)から14世紀末ごろ(南北朝末期)まで行われた、年貢・公事(くじ)などをめぐる争論の解決方法の一つ。上分(じょうぶん)(年貢および公事などの剰余生産物)を確保するため、これを生み出す土地すなわち下地を分割する方法である。主として荘園(しょうえん)領主(本家(ほんけ)、領家(りょうけ))と地頭(じとう)の間で実施され、鎌倉・室町幕府がこれを政策的に推進した。寺社領の場合に多くみられ、かつ地域的には全国にわたるが、中国、四国、九州などの西国地方に事例が多い。13世紀になると地頭や有力名主(みょうしゅ)らによる荘域内外の未開地の開発の進行、農業生産以外の山野河海(さんやかかい)利用の発展(狩倉(かりくら)、伐木、漁労など)によって新たな得分(とくぶん)が生まれたが、これに伴い、地頭らの領主的支配は、従来からの年貢、公事抑留にとどまらず、田畑(たはた)、山野などの領有のいっそうの拡大に向かった。さらに承久(じょうきゅう)の乱(1221)後、西国地方に置かれた新補地頭(しんぽじとう)らの荘園侵略もこれに輪をかけたため、領家、地頭間の争論は頻発した。その解決のため、年貢などの地頭請(うけ)とともに、ややこれにおくれ、かつ並行して行われたのが下地中分である。その方法として、争論対象地全体を分割し、それぞれ一方を両者が領有し、相互にこれを侵さないように境界線を引いた。その際田畑、山野などの地目や地形を考慮して分割するのみならず、居住する農民まで分割することもあり、また本来両者の得分の量に応じて分割するのが原則であったから、「中分」といっても均等分割とは限らなかった。その手続としては、当事者相互の和解によるもの(和与(わよ)中分)と、領家方から申請を受けた幕府が、一方的に中分命令を下す例があった。いずれにせよ、その結果、正式に中分絵図や分文(わけぶみ)が作成され、幕府の承認を得て相互に一円支配を行うことになった。[島田次郎]
『安田元久著『地頭及び地頭領主制の研究』(1951・山川出版社) ▽竹内理三編『体系日本史叢書6 土地制度史』(1973・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下地中分の関連情報