コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野叟独語 やそうどくご

1件 の用語解説(野叟独語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やそうどくご【野叟独語】

杉田玄白著。3巻。未刊写本。1807年(文化4)作。《形影夜話》と同趣向の,影法師と自分との問答形式の作。太平に慣れ,柔弱となった旗本や奢侈に耽溺している諸大名に憤激し,その根本的是正策を考え,世相の論評から進んで幕府政治に対する痛烈な批判を行い,外政に対する積極的手段を論じた書。江戸の防備についても論じる。本書はその性質上筐底(きようてい)に秘められ公開されなかった。【片桐 一男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

野叟独語の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀柴田是真

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone