コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野叟独語 やそうどくご

1件 の用語解説(野叟独語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やそうどくご【野叟独語】

杉田玄白著。3巻。未刊写本。1807年(文化4)作。《形影夜話》と同趣向の,影法師と自分との問答形式の作。太平に慣れ,柔弱となった旗本や奢侈に耽溺している諸大名に憤激し,その根本的是正策を考え,世相の論評から進んで幕府政治に対する痛烈な批判を行い,外政に対する積極的手段を論じた書。江戸の防備についても論じる。本書はその性質上筐底(きようてい)に秘められ公開されなかった。【片桐 一男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野叟独語の関連キーワード解体新書杉田立卿蘭学事始未刊耳嚢片倉寿繁熊谷儀克杉田鶴子杉田伯元西島俊庵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone