野叟独語(読み)やそうどくご

世界大百科事典 第2版の解説

やそうどくご【野叟独語】

杉田玄白著。3巻。未刊写本。1807年(文化4)作。《形影夜話》と同趣向の,影法師と自分との問答形式の作。太平に慣れ,柔弱となった旗本や奢侈に耽溺している諸大名に憤激し,その根本的是正策を考え,世相の論評から進んで幕府政治に対する痛烈な批判を行い,外政に対する積極的手段を論じた書。江戸の防備についても論じる。本書はその性質上筐底(きようてい)に秘められ公開されなかった。【片桐 一男

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android