野太刀・野剣(読み)のだち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自衛用の短刀。刺刀(さすが)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 公家の兵仗の太刀の総称。革緒の太刀。衛府の太刀。〔西宮記(969頃)〕
③ 室町時代、武士が肩に背負い、または、郎従に持たせた長大な刀。
※随筆・常山紀談(1739)三「鳥井はすぐれてたくましき剛の者にて、三尺余りの野太刀(ノダチ)を打ふり死狂に切て廻る」
[語誌]②は、束帯に佩く儀式用の飾太刀や細太刀に対して、兵仗に佩く太刀で、衣冠で行幸のある時、非常の時、直衣始の折等に着用した。天皇の野外出行の際の警護に帯用するために「野太刀」と呼ばれ、衛府の将以下の官人が常に着用したところから「衛府(えふ)の太刀」ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android