野手(読み)ノテ

  • やしゅ

大辞林 第三版の解説

江戸時代、村落共有の入会いりあい地となっている原野・荒野から農民が得る利益(秣まぐさや萱かや・菰こもなどの草木)に対し課せられた雑税(小物成こものなり)の総称。
野球で、内野手と外野手。また、投球に関するプレー中の投手と捕手を除く守備側の選手。フィールダー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代の雑税の一つ。村持ちの原野からの収益に課したもの。野高。
※地方凡例録(1794)五「野手米取 是は〈略〉野手ををさむる村中入会馬草かり取」
〘名〙 野球で、内野・外野を守備する人。フィールダー。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉一高軍再び快勝す「ランナーと野手(ヤシュ)が話をしてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野手の関連情報