コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野高 ノダカ

大辞林 第三版の解説

のだか【野高】

江戸中期以降、年貢増収のため、新たに設置された租税の一。小物成こものなりなど雑税の対象にされていた入会地や萱かや・葦あしなどを刈る原野が、田畑と等しく年貢を賦課され、村高の中に繰り込まれたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野高の関連キーワード釣りバカ日誌〈18〉ハマちゃんスーさん瀬戸の約束釣りバカ日誌〈19〉ようこそ!鈴木建設御一行様釣りバカ日誌〈17〉あとは能登なれ ハマとなれ釣りバカ日誌〈16〉浜崎は今日もダメだった♪釣りバカ日誌〈12〉史上最大の有給休暇釣りバカ日誌〈20〉ファイナル虹をつかむ男 南国奮斗篇京都府立嵯峨野高等学校飛ぶ夢をしばらく見ない釣りバカ日誌イレブン大阪府枚方市村野本町釣りバカ日誌〈10〉釣りバカ日誌〈8〉釣りバカ日誌〈7〉釣りバカ日誌〈9〉名古屋行き最終列車釣りバカ日誌〈5〉岩手県釜石市橋野町高尾(子持高尾)十五才 学校IV