野村吉哉(読み)のむら よしや

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「野村吉哉」の解説

野村吉哉 のむら-よしや

1901-1940 昭和時代前期の詩人。
明治34年11月15日生まれ。染物屋,印刷屋などではたらきながらをつくる。雑誌新興文学」「世界詩人」などに現代社会を風刺した詩や評論を発表した。のち,雑誌「童話時代」を創刊,児童文学に専念した。昭和15年8月29日死去。40歳。京都出身。詩集に「星の音楽」「三角形太陽」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android