コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村文夫 のむら ふみお

3件 の用語解説(野村文夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村文夫 のむら-ふみお

1836-1891 明治時代のジャーナリスト。
天保(てんぽう)7年4月5日生まれ。緒方洪庵(こうあん)に蘭学をまなぶ。イギリスに密航し,帰国後安芸(あき)広島藩の洋学教授となる。維新後,民部省などにつとめる。明治10年風刺雑誌「団団(まるまる)珍聞」,翌年「驥尾団子(きびだんご)」を創刊した。明治24年10月27日死去。56歳。安芸出身。号は雨荘,簾雨。著作に「西洋見聞録」「東西蒙求(もうぎゅう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野村文夫

没年:明治24.10.27(1891)
生年:天保7.4.5(1836.5.19)
明治時代ジャーナリスト。広島藩に仕える眼科医野村正硯の子として生まれ,同藩医村田文尚の養子となる。幼名虎吉。緒方洪庵の適塾 で蘭学・医学を,その後長崎で英語を学ぶ。慶応1(1865)年,イギリスへ密出国する。4年に帰国したのち,藩の洋学教授職に就き,『西洋聞見録』を著す。維新後,民部省,内務省に勤務するが,明治10(1877)年に団団社を設立し,同年『団団珍聞』,翌11年『驥尾団子』を創刊した。両誌とも,滑稽,風刺を売り物にした。15年,立憲改進党に入党。22年には,自ら東京政友会を設立し,陸羯南の『日本』創刊にも関与した。<著作>『洋語音訳筌』<参考文献>木本至『「団団珍聞」「驥尾団子」がゆく』,北根豊監修『複製版/団団珍聞』

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野村文夫
のむらふみお
(1833/1836―1891)

明治前期のジャーナリスト。安芸(あき)国(広島県)の出身。名は虎吉(とらきち)、文機、号は雨荘、簾雨(れんう)という。眼科医野村正碩の子として生まれ、広島藩医村田氏の養子となる(のち復姓)。大坂で緒方洪庵(おがたこうあん)に師事し、のち長崎に学ぶ。1865年(慶応1)イギリスに密航、1868年(明治1)帰国して藩の洋学教授となる。1870年には新政府民部省に出仕。辞官後1877年3月、時局風刺を旨とした『団団(まるまる)珍聞』を創刊した。[奈倉哲三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野村文夫の言及

【団々珍聞】より

…発行所は団々社,のち珍聞館。内務省を辞職した広島県人野村文夫が,筆禍を恐れて直言直筆できない新聞雑誌に代わり,風刺精神をもって政府の施策を批判するという趣旨で発刊した。内容の中心は社説にあたる茶説や雑報,狂詩歌,狂句,狂画すなわち風刺漫画などで,読者の投稿を重視した。…

※「野村文夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野村文夫の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストJCJスポーツジャーナリスト小林雄一酒井寅吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野村文夫の関連情報