コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村芳国 のむら よしくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村芳国 のむら-よしくに

1855-1903 明治時代の浮世絵師,版画家。
安政2年生まれ。京都の人。歌川芳梅(よしうめ)の門人といわれる。版画に洋風の技法をとりいれ,「京坂名所図絵」などをのこした。明治36年11月20日死去。49歳。通称は与七。別号に一陽亭,笑翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野村芳国の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)日露戦争史(年表)ドビュッシーゲーゲンバウア尾上菊五郎オブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスマッキム・ミード&ホワイト

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android